About / SHOWROOM

Marie Castro


マリー・カストロはドイツとブラジルを拠点として活動するニットデザイナー。15歳で独学でモード、テキスタイル、ハンドメイドを始める。2008年にL'oreal開催のコンクールで優勝、サンパウロ・ファッション・ウィークの創設者でありLuminosidade(現ブラジルファッションウィーク開催会社)CEOのパウロ・ボルジェス、ジャーナリストのマリア・プラタやリリアン・パッチェといったファッション界の著名人の目にとまる。独自で編み出した「freeform」というクロシェ方法で彼女は“International Freeform Guild’s show 4 seasons”に掲載され南アメリカ代表として唯一 展示会等を成功させた一人です。またアメリカのコロラド州で開催された “ The San Luis Valley Folk Arts and Fiber Festival”に招待された経歴を持つ。日本のみならずアメリカ、スロベニアやシンガポールでも販売されている。 彼女は“Rabbit and the Snake”というバンドのメンバーでもあり、それが彼女の独創性を生む一つの源ともなっている。